Boat Lisence

ボート免許

ボート免許の取得・更新はKTボート免許教室へ!

ボート免許は正式には「小型船舶操縦士免許」といい、国土交通大臣が発行する国家資格です。免許は全部で4種類。その種類によって操縦できる船の大きさや航行区域が決まっており、あなたのマリンレジャースタイルに合わせた取得が可能です。ここでは、海上にて船の操縦が可能な3つの免許をご紹介します。

ネット早割
お電話のお問い合わせ
W
日程
お客様の声

ボート免許の種類

1級小型船舶免許

船の大きさ 総トン数20トン未満の船舶。プレジャーボートについては長さ24m未満。
航行区域 全ての水域 ※1
取得可能年齢 満18歳以上

2級小型船舶免許

船の大きさ 総トン数20トン未満の船舶。プレジャーボートについては長さ24m未満。
航行区域 平水区域および海岸より5海里(約9km)以内
取得可能年齢 満16歳以上 ※2

特殊小型船舶免許

船の大きさ 水上オートバイ ※ボートは操縦できません。
航行区域 湖・川および海岸より2海里(約3.7キロメートル)以内
取得可能年齢 満16歳以上

※1/海岸から100海里を超える区域を航行する場合は一定の資格を持った機関長が乗船すること。
※2/18歳未満は5トン限定あり

小型船舶免許交付までの流れ

流れ

受験資格について

身体検査基準にご不安のある方はお問い合わせください。
※試験機関の身体適正相談コーナーはこちら

年齢 1級/満17歳9ヶ月以上
2級/満15歳9ヶ月以上
特殊/満15歳9ヶ月以上
聴力 両耳で5mの距離で話声語を弁別できること(補聴器使用可)
視力 両眼とも矯正で0.5以上(一眼が矯正しても0.5未満の方は、他眼の視野が150度以上あること)
弁色力 夜間において船舶の灯火の色(赤緑白)を識別できること(灯火の色が識別できない場合、日出から日没までの間において航路標識の彩色を識別できれば、航行する時間帯が限定された免許を取得できます)
その他 身体検査基準を満たしていること

受講申込の必要書類

  • 受講申込書
  • 写真2枚
    ◇申請前6ヶ月以内に撮影したもの ◇白枠部を除いたサイズが横3.5cm・縦4.5cm ◇無背景、無帽、正面上半身を撮影したもので、サングラス不可 ◇カラーでも白黒でも可 ◇裏面に氏名及び生年月日を記入
  • 本籍地記載の住民票2通(1通はコピー可)
    ◇外国籍の方は「登録原票記載事項証明書」の写し
  • 委任状(2種類各1通)※それぞれ2カ所の署名・捺印
  • ボート免許をお持ちの場合、免許証のコピー
W
日程
JAFのご入会はこちら

JAF会員優待施設

上記のバナークリック後、検索窓から「KTボート免許教室」で検索してください。

免許講習一覧

ボート免許は正式には「小型船舶操縦士免許」といい、国土交通大臣が発行する国家資格です。免許は全部で4種類。その種類によって操縦できる船の大きさや航行区域が決まっており、あなたのマリンレジャースタイルに合わせた取得が可能です。ここでは、海上にて船の操縦が可能な3つの免許をご紹介します。

小型船舶免許を取得したら...ご購入?それともレンタル?

創業1955年、神奈川トヨタ商事はトヨタ自動車ならびにヤマハ発動機の代理店として、1972年よりボート販売を営み、多くのお客様のご愛顧をいただいております。神奈川トヨタ商事では、クレジット販売に加えてリース販売にも対応し、多くのお客様にマリンライフをお楽しみいただける万全のサポート体制で対応いたします。