Blog

公式ブログ

ビーチクリーン参加レポート②

皆様こんにちは!
この間、観測史上トップに入るほどの速さで西では梅雨入りになりました。
本格的にじめじめとした季節が近づいてきていますね…。洗濯物に悩まされそうです。

掲載しました、茅ヶ崎のビーチクリーン参加レポートはご覧いただけましたでしょうか?
今回も茅ヶ崎?と思う方もいらっしゃるかと思いますが違うんです!
ビーチクリーンは様々なところで行われており、今回は「諸磯」に行ってまいりました。
茅ヶ崎とはまた違うところ。ゴミの種類もがらりと変わりました!
8:10諸磯の集合場所にて、注意事項等の説明を受けトングをお借りしスタート!

茅ヶ崎は砂浜ですが、諸磯は岩場がメイン。釣り船が置かれているところのそばで探していると…。

なんとなくわかるでしょうか?
葉や打ち上げられた海藻に交じり、ゴミが落ちています。

こんなに小さいものが、海藻が溜まっているところにかなり落ちていました。
これを一つ一つ拾っていくのは大変です。
また諸磯はビール瓶などを中心としたガラス片がとても多くあり、ゴミ袋が穴だらけに。
透明なガラス片もあるので、見落としてしまいますがほおっておいたらとても危険ですよね。

少し場所を離れたところは、風も吹いてとても気持ちがよく。
ご近所の方はテーブルやいすなどを出して、ピクニック気分を味わっていました♪

ここでもガラス片が多く見つかり、過去に溶かそうとしたのか鉄が溶けて固まったものが一か所に捨てられていました。
またこれから増えてくる、バーベキューで使用した炭等も見つかりました。

約1時間程拾い、全員のを集めた結果…。

こんなに多くのごみが!途中日差しも出てきて、暑い中お疲れさまでした!

私も頑張りました!鉄をたくさん拾ったおかげで袋が重くよたよた…。

 

今回の諸磯ビーチクリーンは、かなり多くの方が集まったようでした。
海で遊ぶときは、ごみを持ち帰るのは当然のマナーです。
でも、マイクロプラスチックはその場で捨てられたものではありません。
街中のごみが雨で流され川や排水管を通り削られ小さくなり海に出ます。
波によって海岸へ溜まっていきます。
海でのごみは持ち帰っています!では、街中ではどうでしょう?
ゴミの扱いを今一度振返ってみてもいいですね♪

また今後も参加をしていきます。
その際には投稿いたしますので、是非ご覧ください‼

 

 

ボート免許ボートリースボート販売
神奈川トヨタ商事㈱・マリン事業部まで

お気軽にお問合せ下さい
お問合せ・お申込みはコチラから⇊
☎:0120-211-261

✉:info@kanatoyomarine.com

Facebookはこちら